既婚者向け「出会い系サイト」と「マッチングアプリ」解説~根本的な違いはセックスの有無

出会いを求めて出会い系のアプリを使いたい。

しかし、それぞれのアプリの違いがわからない。

 

そういう方のために、それぞれのアプリの違いではなく

「出会い系サイト」と「出会い系アプリ(マッチングアプリ)」

の違いを簡単に解説しておきます。

出会い系サイトとマッチングアプリ

従来型の出会い系サイトとマッチングアプリの分類は一覧にすると以下のような違いがあります。

利用者数 すぐ会える セフレ探し 援デリ 恋人探し 既婚者可否 恋人探し 属性
PCMAX 1000万人超 多い 従来型出会い系
ハッピーメール 1000万人超 多い 従来型出会い系
ミントcJメール 600万人超 多い 従来型出会い系
ワクワクメール 500万人超 多い 従来型出会い系
YYC 500万人超 多い 従来型出会い系
イククル 500万人超 多い 従来型出会い系
With 47万人 ない
マッチングアプリ
Pairs 260万人 ない
マッチングアプリ
Marrish 12万人 ない
マッチングアプリ

すぐ会える援交多い掲示板一覧→

出会い系サイトとマッチングアプリの分類をここに書いておきます。

有名な出会い系サイト

ハッピーメールワクワクメールPCMAXミントc!Jメールyycなどです。

ほかは評判悪いので知る必要もありません。

従来型の出会い系サイトは既婚者が利用してもOKというのが最大の特徴です。不倫願望やセフレ探しに活用する大人の利用者が非常に多いです。同時に援デリ業者といってデリヘルの本番ありの裏バージョンといった違反アカウントも多いです。

有名なマッチングアプリ

ペアーズ、マッチドットコム、タップル誕生、ウィズ、クロスミー、Omiaiなどです、

Facebook連動タイプのアプリなどが主流です。

婚活や恋人探しを目的に使う女性が多く、すぐに会えるという事例は非常に少ないです。そもそも、プロフィールのレベルで相手女性にフィルタリングされるため、見た目のいい男性、高収入を証明できる男性のみが活躍できる環境です。

出会い系サイトとマッチングアプリの違い

20代前半の援交相場

出会い系サイトとマッチングアプリのの根本的な違いは

  • 出会い系サイトはサイト内で好みの女性をフィルタリングして誘う
  • マッチングアプリはお互いの好みの条件がマッチングした者のみがコンタクト可能

 

おおざっぱですがこれが大きな違いです。

とはいえ、実質、出会い系サイトでもマッチングアプリでも手当り次第メッセージ送ったり足跡つけたりできるので、男性が好みの女性を探す際に消費するポイントは同じようなものなんですよね。

ただし、どちらも思ったように好みの女性から興味を持ってもらえない。

これが現実でしょう。

 

さらに

既婚者でも利用OKの違い

いわゆるマッチングアプリは既婚者の利用を禁止しています。

一方、出会い系サイトは既婚者もガンガン使ってOKとなってます。

 

一般的には、

既婚者で嫁さんや旦那さん以外の異性との出会いを求める=セックス相手探し

となります。

 

殆どの場合、表向き食事から、、なんて言ってても、たいがいお互いの目的はセックスです。

既婚なのに他のオンナと出会いたい男なんてキレイごとしか言えないですよね。

 

マッチングアプリでも嘘ついて既婚なのに独身のフリしてる人もいますが、それって結局うまい具合に事を運んでセックスしても別れ際で激しく揉めるので誰も幸せになりません。

 

既婚者がセックス目的で異性と会うなら最初から割り切れる相手と出会いセックスするほうがみんな不幸にならずスムーズなんです。大人ならこれを理解して性欲を発散するべきです。

 

お金でもなんでもいいので割り切れる条件があれば、その条件の有無でいつでも関係を終わらせることが出来ます。既婚者など節度ある大人の関係とはそういうものです。

 

既婚者を完全に禁止するマッチングアプリセックス目的で使うことも禁止されています。

ということで

  • マッチングアプリにはそういうセックス目的の男女が少ない
  • 出会い系サイトにはセックス目的の男女が集まりやすい

という特徴があります。

援助交際についての違い

女性が男性にお手当を求める出会いの有無について。

  • マッチングアプリには援交はいない
  • 出会い系サイトには援交募集がいる

こういう違いがあります。

 

マッチングアプリでは援助交際に関する言葉のやり取りはかなり厳しく取り締まられています。

そのため、男女間で少しでも金銭的やりとりがあれば即アカウント停止です。

結果、マッチングアプリではパパ活や援助交際の対象を探すことが出来ないのでそれ系の女性は全くいません。(たまにいるけどすぐアカウントBANされてます)

 

一方、出会い系サイトも援助交際は禁止されています。しかしながら、出会い系サイトの掲示板では援助交際の相手募集が盛んで、書き込みのほとんどがそういった男女関係ありきで今スグ会いましょうという書き込みばかりです。

これもサイト側で具体的な金銭的やり取りがあればアカウント停止などしていますが、実情は次から次へとそういう援交アカウントが出てくるので掲示板に書き込む女性は援助有りきでスグ会える書き込みと判断できます。

プロフィールの違い エロいプロフ

マッチングアプリでは写真付きで趣味や仕事、年収など細かな情報を確認できるプロフィールが用意されています。

一方の出会い系サイトでも同様に写真付きで趣味や仕事、年収など細かな情報を確認できるプロフィールが用意されています。

大きな違いのひとつとして、出会い系サイトではプロフィールに

  • エッチの体験人数
  • セックスにおける好きな体位
  • 初体験の年齢

などといった大人でエッチな項目も用意されているところです。

こういうプロフの項目から考えてもセックス相手探すため、ひとときの遊び相手探しならマッチングアプリではなく出会い系サイトを使えばいいということが判断できるはずです。

そういう出会いを誘発するためにセックスに関するプロフ項目があるということです。

まとめ

マッチングアプリはいきなりセックスするような出会いではなく、お互いの好みの条件をマッチングさせて、その上で会えるかどうか?という使い方になる。

出会い系サイトはマッチングアプリのような出会いもできるが、実態はセックスから始まる出会いが多い。

という違いがあります。

  • 数千円で実態のあるセフレ探しや即エッチできる相手探しができる出会い系サイト
  • セックスなしでとりあえずダラダラ浪費するプロフ閲覧遊びならマッチングアプリ

結局、セックスなしの出会いなんてろくなものないので、既婚者は割り切った関係で会える出会い系サイトで網を張るのが現実的です。

援交書き込み多めな掲示板4つはこちら